あ行の用語一覧

噯気(あいき)
噯気とは、胃気が上に向かい(胃気上逆)、咽喉から発せられた音を指す。古くは噯気を「噫」と言 …

噫気(あいき )
《景岳全書・雑証謨》には、「噫とは満腹なって出る息であり、噫気のことである」とある。その多 …

噯腐(あいふ)
噯腐とは、胃の中の腐臭が口から排出される症状を指す。則ち腐った臭いのゲップである。噯腐の原 …

呃逆(あぎゃく)
呃逆とは、気が上逆して上に衝きあがり、咽頭部から自制できない突き上げる音が発せられる症状を …

汗を奪う者は血無く、血を奪う者は汗無(あせをうばうものはけつなく、けつをうばうものはあせなく)
「奪」は、喪失するという意味で、「汗を奪う者は血無く、血を奪う者は汗無し」とは、汗が大量に …

安逸過度(あんいつかど)
安逸過度とは、長期間、気楽に過ごし運動や仕事をしない状態で必要以上の休息を指す。また、過逸 …

(い)
六腑の1つ。胃は主に水穀を受納し腐熟させる。即ち飲食物を消化する。胃が飲食物を受納すること …

(い)
肢体の筋肉が弛緩し軟弱無力な状態で、甚だしければ手で物を握れない、足は身体を支えることがで …

胃陰(いいん)
胃中の津液。「胃津」ともいう。水穀の消化再生によるもので、臨床では肺胃の熱が旺盛な場合に「 …

胃陰虚(いいんきょ)
胃の陰液の枯渇によって胃の機能が失調する病理状態を指す。胃陰不足ともいう。胃陰枯渇の原因は …

胃陰不足(いいんふそく)
胃陰虚を参照

萎黄(いおう)
萎黄とは、皮膚がくすんだ黄色で枯槁(ツヤがない)であるが、眼球結膜の黄染は見られない。萎黄 …

胃火(いか)
胃火とは、胃熱が鬱積して火と化して上炎する病理状態を指す。その原因は邪熱犯胃、飲酒過多や辛 …

胃火熾盛(いかしせい)
胃火熾盛とは、胃火が盛んでいる状態を指す。胃火熾盛の病理の多くは火邪傷津、胃の腐熟作用が亢 …

胃火上昇(いかじょうしょう)
胃火上昇とは、胃熱が火になり上昇する病理状態を指す。臨床では、口腔の炎症歯痛、歯齦の腫れや …

畏寒(いかん)
畏寒とは、寒いと感じており、厚着したり布団を掛けたり、火に近づいて暖を取ったりすると寒さが …

胃寒(いかん)
胃寒とは、胃に存在する寒邪によって生じた「飲食の受納」と「水穀の腐熟」の低下及び胃の「気機 …

胃脘(いかん)
胃の内腔を「胃脘」と呼ぶ。胃腔の中部を「中脘」、胃の上口を「上脘」、胃の下部を「下脘」と呼 …

胃脘痛(いかんつう)
胃脘痛とは、胃脘部の心窩(みぞおち)に近いところの疼痛を指す。胃痛、胃脘痛、心下痛とも言う …

胃気(いき)
①胃気は広義と狭義の意味がある。広義には、脾の昇清・運化の機能と胃の降濁・受納と腐熟などを …

異気(いき)
疫気を参照。

胃気虚(いききょ)
胃気虚とは、胃の飲食物を受納し腐熟する機能の虚弱を指す。臨床では、胸や上腹部の痞えて苦しい …

胃喜湿悪燥(いきしつあくそう)
脾の特徴は「燥を好み湿を嫌う」ので、治療の場合はなるべく燥湿の工夫が必要である。胃の特徴は …

胃気上逆(いきじょうぎゃく)
胃気上逆とは、胃気が降濁できず上逆する病理状態を指す。胃気は下降するもので飲食の不摂生、胃 …

胃気不降(いきふこう)
胃気不降とは、胃の通降が障害される病機を指す。胃気不降の病理病因は飲食などで胃気が傷つくと …

胃気不和(いきふわ)
胃気不和とは、胃気が和降できなくなる病理を指す。胃気不和の原因は主に胃陰の不足、熱邪擾胃( …

胃虚(いきょ)
ひろく胃気の虚弱や胃陰の不足を指す。

胃強脾弱(いきょうひじゃく)
胃の水穀を腐熱する機能が亢進し、脾の運化機能が減弱して生じる、胃熱脾虚の病態。肥厚甘味の過 …

胃経(いけい)
胃の経絡を指す。

胃失和降(いしつわこう)
胃気不降を参照。

胃主降濁(いしゅこうだく)
胃は降濁を主る。「脾気は上昇を主り、胃は下降を主る」。主に脾胃の協調による脾の昇清と胃の降 …

胃主受納(いしゅじゅのう)
胃は受納を主る。受納とは、水穀を受け入れる或は受容する事を指す。飲食物を受納することは胃の …

胃主腐熟(いしゅふじゅく)
胃は腐熟を主る。腐熟は、受納した飲食物を胃によって消化する胃の主要な機能のひとつである。

痿証(いしょう)
痿証とは、肢体の筋脈が弛緩して軟弱無力となり、長期に渡って随意運動が行えないため筋肉が萎縮 …

胃津(いしん)
胃中の津液。「胃陰」ともいう。水穀の消化再生によるもので、臨床では肺胃の熱が旺盛な場合に「 …

遺精(いせい)
遺精とは、夢をみて遺精するものは「夢精」、昼間精液が自然に出るものを「滑精」という。心腎不 …

遺泄(いせつ)
遺精を参照

胃燥(いそう)
胃燥は内燥による症状の他、煩渇、嘔逆、舌光紅無苔などの症状が現れる。

胃中虚(いちゅうきょ)
胃中が空虚で中気が衰弱している状態をいう。

胃中虚冷(いちゅうきょれい)
胃中虚冷とは、胃陽が不足し、消化機能が減衰する病理状態を指す。臨床では、食欲低下、嘔吐、な …

胃中不和(いちゅうふわ)
胃中不和は胃中和さずと翻訳される。胃中不和とは、胃が正常な消化活動をせず、気が内に鬱滞する …

溢飲(いついん)
溢飲とは、水液が体表及び皮下組織に滞留することを指す。 臨床では、身体の疼痛・四肢の浮腫・ …

溢血(いつけつ)
溢血は二つ意味がある。1.一般に血が外へ溢れることで出血を指す。2.咳血、咯血、吐血、衄血 …

一身の気を主る(いっしんのきをつかさどる)
「一身の気を主る」は全身の気はすべて肺に属し、肺が管理することを意味する。その意味は二つあ …

遺溺(いでき)
遺尿を参照

痿軟舌(いなんぜつ)
痿軟舌とは、舌体が軟弱で屈伸に力がなく、力がなくて敏捷に動かないものを指す。また、舌体の痿 …

遺尿(いにょう)
遺尿とは、睡眠中に気つかないうち小便が出てしまう病状を指す。遺尿の病理は主に腎気不足と膀胱 …

胃熱(いねつ)
胃熱とは、胃の陽気が旺盛になり胃熱になるという病理状態を指す。また、胃熱が鬱積して火と化し …

胃熱壅盛(いねつようせい)
胃火熾盛ともいう。胃熱がひどい状態を指す。臨床では、煩渇(熱が盛んで津を傷つけ口が乾く)し …

胃反(いはん)
反胃を参照。

異病同治(いびょうどうち)
異病同治とは、異なる疾病でも発病の病機が同じであれば同じ治療法を行うことを指す。 例えば虚 …

同病異治(いびょうどうち)
同じ病気でも個人差、季節、地域、病気の進行程度、病機の変化、邪気と正気の力関係などの違いに …

異病同治(いびょうどうち)
異病同治とは異なる病証であっても進行過程で同じ病機が発生すれば、同じ方法で治療する。すなわ …

胃腑血瘀(いふけつお)
胃腑血瘀とは、瘀血が胃腑の脈絡を阻滞する病理を指す。 その臨床特徴は、胃脘に刺痛があり、停 …

胃不和(いふわ)
胃気不和ともいう。

痿躄(いへき)
痿証を参照。

異法方宜(いほうほうぎ)
治療する場合、硬く一つの方法を守らず、体質、時間、地域などに対応して違う方法で治療すること …

胃陽(いよう)
胃の陽気。胃は、水穀を受納し腐熟する機能をもち、胃陰とともに働く。胃陰は受納に、胃陽は腐熟 …

胃陽虚(いようきょ)
胃陽虚とは、胃陽不足で水穀を腐熟する機能が減退する病理状態を指す。その原因は飲食不摂生・生 …

(いん)
①牽引する。一か所の痛みによってその他の部位が牽引される。②収縮して四肢が引きつる。③引き …

(いん)
①病証名。四飲「痰飲・懸飲・溢飲・支飲」をいう。②湯剤で冷服する場合をいう。③飲食・飲料を …

(いん)
淫は四つの意味を含む。①天地の気が人体を損害する。②溢れる。③偏盛の病邪を「淫邪」と呼ぶ。 …

(いん)
陽と相対する事物属性を示す概念を指す。中医学では、斂・降・収・蔵・暗・静・寒・濁・形・質な …

陰痿(いんい)
陽萎。陰経が勃起しない状態で≪内経≫では陰痿と称す。多くは過度の性欲や手淫によって精気が損 …

陰液(いんえき)
1.体内の栄養を豊富に持つ液体、又は臓腑の陰精を指す。2.津液の「液」の性質を言う。液は比 …

陰黄(いんおう)
黄疸の一種。黄疸は陽黄・急黄・陰黄の区別がある。 陰黄は陰盛寒重で平素より脾陽が不足である …

陰火(いんか)
陰火とは、肝腎の虚火を指す。その病理は肝腎の陰精が欠損し、陰が陽を潜斂できないために虚陽が …

引火帰原(いんかきげん)
引火帰原とは、温補薬と引経薬で腎の上昇する虚火を腎に引きも出せる治療方法と指す。 腎の虚火 …

陰寒(いんかん)
①病因。外感の寒邪あるいは陽虚で生じた内寒をいい、寒は陰に属するので陰寒といわれる。②病証 …

陰汗(いんかん)
外部生殖器、陰嚢及びその周辺に常に汗出がある症状を指す。汗の量は比較的多く、生臭い。主に下 …

陰寒内盛(いんかんないせい)
陰の偏勝を参照。

陰気(いんき)
①陽気と相対する語。広く物事に相反しながら成立している二面の一方を指し、具体的には特定の意 …

陰虚(いんきょ)
陰虚とは、体内の津液生血など陰液が虧少で陽気を制限できず、滋潤と濡養作用の減退により生じた …

陰虚痿(いんきょい)
陰虚痿とは、肝腎不足、陰虚火旺により筋骨が損傷する病証を指す。 原因は主に久病と房労である …

陰虚火旺(いんきょかおう)
陰虚火旺とは、陰虚によって陽気が亢進することにより「内熱」が生じることを指す。陰虚陽亢とも …

陰虚潮熱(いんきょちょうねつ)
陰虚潮熱とは、陰虚内熱により生じる潮熱を指す。特徴は午後か夜になると微熱が出て、顴紅や盗汗 …

陰虚発熱(いんきょはつねつ)
発熱に定まった時間があり、毎日一定の時間がくると体温が上昇するが、主に午後に現れやすい。体 …

陰虚風動(いんきょふうどう)
陰虚風動は熱病後期に陰津が消耗され、慢性疾患で陰液が大きく消耗した場合に多く現れる。主な病 …

陰虚陽亢(いんきょようこう)
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? …

陰虚陽浮(いんきょようふ)
陰虚なれば陽浮す。陰虚陽浮とは、真陰の不足、津血の欠損によって、陽気が浮上する病理変化を指 …

陰痧(いんさ)
隠疹を参照。

因時制宜(いんじせいぎ)
因時制宜とは、季節による気候の変化に基づき治療薬を考慮することを因時制宜(いんじせいぎ)と …

陰邪(いんじゃ)
六淫の寒、湿の邪を指し、寒や湿の邪気によって病気を発生すると陽気が損ない、気化作用に影響を …

陰暑(いんしょ)
陰暑とは、夏の気候が炎熱なために納涼したり冷たい飲物を節度なく飲んだために発生する病変を指 …

陰勝則陽病(いんしょうそくようびょう)
陰勝則陽病は、陰邪が旺盛で陽を損傷する病理状態を指す。 則ち「陰盛陽虚」の病理状態である。 …

隠疹(いんしん)
隠疹とは、皮膚に時々疹点が現れ、消退が比較的速い、痒みが強く、掻くと疹点がすぐ隆起するとい …

癮疹(いんしん)
隠疹を参照。

因人制宜(いんじんせいぎ)
因人制宜とは、人によって具体的な状況が異なるので、治療の際には患者の年齢・性別・体質・生活 …

陰水(いんすい)
陰水とは、正虚性質に属する水腫を指す。正虚の原因は久病、労倦内傷、房室不節などによる正気の …

陰精(いんせい)
腎精は先天の精気と後天の精気を含み、また「陰精」と「陽精」に分けられる。陰精を腎陰、陽精を …

陰盛格陽(いんせいかくよう)
陰盛格陽は陰盛んなれば格陽すと翻訳される。陰盛格陽とは、体内の陰寒の邪が過剰に旺盛となり、 …

陰盛陽衰(いんせいようすい)
陰盛陽衰とは、「陰邪」が旺盛になれば陽虚になる病理状態を指す。この「陽虚」には二つ状態があ …

陰疽(いんそ)
陰疽は腫瘍の一つで、「疽」は平たく一面に腫れが広がり、皮膚の色が変わらず、熱もなく痛みも少 …

陰損及陽(いんそんきゅうよう)
陰損及陽とは、陰の損失により陽気の化生不足を招き、陽虚の症状も引き起こす病理変化を指す。臨 …

因地制宜(いんちせいぎ)
因地制宜とは、患者の居住する地域・環境の特徴の違いを考慮して適切な治療法と治療薬を選ぶこと …

陰中求陽(いんちゅうきゅうよう)
「陰中求陽」は陰中に陽を求むという意味で、陽虚の病気を治療する際、補陽薬である金匱腎気丸( …

陰中求陽(いんちゅうきゅうよう)
陰陽互根にもとづく治療法の一つ。陽虚の病気を治療する際、補陽薬に滋陰薬を適量加えることを意 …

隠痛(いんつう)
隠痛とは、シクシク痛むという感覚を指す。隠痛は陽虚、陰虚、気血両虚などに見られる症状である …

飲停於肺証(いんていうはいしょう)
飲停於肺証とは、痰飲が肺に停留して生じた病証を指す。 臨床では、咳嗽や気喘が慢性で、痰が水 …

陰嚢癰(いんのうよう)
陰嚢癰とは、陰嚢に発生した化膿性の疾病を指す。陰嚢の特徴は陰嚢の紅腫で墜脹疼痛がある。

瘖痱(いんひ)
「瘖」はすなわち失音が生じ、舌がこわばって話すことができない。「痱」は腰膝が無力で歩行が困 …

陰病(いんびょう)
1.六経病の三陰経病、すなわち太陰病・厥陰病・少陰病をさす。 2.八綱弁証の裏証・虚証・寒 …

陰閉(いんへい)
陰閉は、中風の中臓腑 閉証に属する。 中風は、発病が急で卒然昏朴・人事不省の他、口眼歪斜や …

陰平陽秘(いんへいようひ)
陰平陽秘とは、陰気が平順で陽気が固守し、陰気と陽気が調節しあい、その相対的均衡を維持するこ …

陰偏衰(いんへんすい)
陰偏衰とは、陰気不足により陽熱に対抗することができず、虚熱の症状が現れる病理現象を指す。 …

陰偏盛(いんへんせい)
陰偏盛はまた陰勝ともいう。 陰勝とは、陰邪によって発病したもので、陰が陽に対して旺盛になり …

陰脈(いんみゃく)
経脈中の陰経を指し、手足の三陰経、任脈、衝脈、陰維脈、陰蹺脈等を含む。

陰脈の海(いんみゃくのうみ)
任脈を指す。手の三陰脈、足の三陰脈、陰維脈、衝脈は任脈に集まり、精血や津液を主る。従って、 …

陰陽(いんよう)
陰陽は古代哲学における一対の概念である。自然界で相互に関連する事物や現象を対立する二つとし …

陰陽格拒(いんようかくきょ)
陰陽格拒は陰陽失調のひとつで、陰陽格拒は陰陽失調のなかでも特殊な病機である。 陰陽格拒には …

陰陽失調(いんようしっちょう)
陰陽は相手によって生み出され、互いに利用しあう。また互いに制約し消長し、これによって正常な …

陰陽消長(いんようしょうちょう)
「消長」は、陰陽双方の対立の一面を説明する。陰陽の対立と制約、互根互用の関係が静止した固定 …

陰陽水(いんようすい)
「生水」と「熟水(一度沸騰させた水)」を混ぜたもの。

陰陽転化(いんようてんか)
対立する陰陽が一定条件のもとでそれぞれ反対の性質に転化できることを指す。陰は転化して陽とな …

陰陽偏勝(いんようへんしょう)
陰陽偏勝は、陰と陽の偏勝で邪盛(陽盛と陰盛)による「実証」の病理変化を指す。「陰」と「陽」 …

陰陽亡失(いんようぼうしつ)
陰陽亡失とは体の「陰液」や「陽気」が、急に失われ生命が危険となる病理状態を指す。陰陽亡失に …

陰陽両虚(いんようりょうきょ)
陰陽両虚とは、陰陽が共に陰虚と陽虚の症状が同時にみられる病理現象を指す。陰陽両虚を形成する …

鬱火(うつか)
鬱火とは、陽気が鬱積し臓腑に内熱が現れる病理状態を指す。通常は木鬱化火を指す。

鬱証(うつしょう)
七情の気が鬱滞して現れる病証で、実証と虚証がある。 実証は肝気鬱結、気鬱して火に化す(気鬱 …

鬱痰(うつたん)
痰証の一つ。鬱痰は二つの意味がある。 1、気が鬱して痰を生じた病理産物を指す。これは七情が …

鬱冒(うつぼう)
気が塞いで眩暈し酷い時には一時的に人事不省が発生するが、自然に蘇生するものを指す。血虚とな …

暈厥(うんけつ)
暈厥とは、突然に意識不明になり倒れる、四肢が冷たいという証候を指す。

(えい)
脾胃が運化した水穀精微の精華から作られた物質である。

(えい)
①栄華、光沢。五臓の精華が外に現れた色つや。②「営」に通じる。

(えい)
黒睛の部分が疾病により光を通す特性を失い、これによって瘢痕(はんこん)組織が残り、視力を妨 …

営衛不和(えいえいふわ)
衛とは、体表を防衛する陽気を指す。営とは、汗液の物質的な物質を指す。営衛不和とは、風寒が肌 …

営衛気血(えいえきけつ)
営衛気血は人体の生命活動の過程で、必要な物質と動力の基礎である。気血は経脈中を行き、絶え間 …

営気(えいき)
営気は、脈中を血と一緒に運行する「気」である。別名は三つある。1 営気は栄養が豊富なため「 …

癭気(えいき)
癭を参照。

衛気(えいき)
水穀精気から化生した「気」である。「衛気」は、活動性が高く、流れが早い「標疾滑利(ひょうし …

益火消陰(えいきかしょういん)
益火の源、以て陰翳を消す。陽気を助長し火を増加する方法で盛んでいる陰気を消去する意味である …

衛気不固(えいきふこ)
衛気不固とは、衛気が虚で外表を固められず皮膚の腠理がゆるみ外邪の侵入を許してしまい、感冒な …

営気不従(えいきふじゅう)
営気不従とは、血脈内部の営気の運行が阻害され、癰腫が現れる病理を指す。邪気の侵入は長期間、 …

衛強営弱(えいきょうえいじゃく)
営衛不和を参照。

営血(えいけつ)
営と血は密接な関係が有り、一緒に脈内を走行し区別することができないので「営血」と呼ぶことが …

衛弱営強(えいじゃくえいきょう)
営衛不和を参照

営分(えいぶん)
営分証を参照。

営分証(えいぶんしょう)
営分証は温熱病の進展過程のひとつ。温熱病の邪気が体内深くに入りこんだ重い段階をいう。営分は …

衛分証(えいぶんしょう)
温熱病の初期の段階を指す。臨床症状は、発熱・軽微な悪風寒・頭痛・咽喉痛・無汗あるいは少汗・ …

癭瘤(えいりゅう)
癭瘤とは、前頸部で喉部(喉頭隆起)の下両側に生じた腫瘤を指す。 腫瘤の大きさは大小あり、一 …

(えき)
津液を参照。

(えき)
食道の上口を指す。

疫気(えきき)
疫気は、伝染力の強い病邪で外来による発病原因の一つを指す。伝染性と流行性は六淫の邪気よりも …

疫疹証候(えきしんしょうこう)
疫疹証候とは、燥熱疫毒に感染して発生した発疹性の病証を指す。 臨床では、初期には全身が激し …

液脱(えきだつ)
脱液とは、大汗、嘔吐、下利などで陰液が脱失する病理を指す。脱液の症状は身熱面紅、脂っぽい汗 …

疫毒痢(えきどくり)
痢疾の証候の類型のひとつで「疫痢」とも呼ぶ。伝染性を有し、発病が急激で疫毒が腸道を薫灼し気 …

疫癘(えきらい)
疫気を参照。

疫癘証候(えきらいしょうこう)
疫癘証候は疫癘の邪気により引き起こす病証を指す。 疫癘とは、瘟疫病毒を感染したために起きる …

疫癘の気(えきらいのき)
疫気を参照。

疫痢(えきり)
疫毒痢を参照。

(えつ)
乾嘔を参照。

(えつ)
噦は二つの意味がある。1.胃気上逆によって発する「ヒックヒック」という音で「呃逆」をいう。 …

噎膈(えつかく)
病名。呑み込むときに喉に何かが痞える感じがあるものを「噎」、胸膈が塞がって飲食物が下に降り …

益気昇陥(えっきしょうかん)
昇提中気を参照。

遠血(えんけつ)
遠血とは、排便後の出血で、出血した血液の色が暗黒色を呈するものを指す。遠血は、直腸や肛門部 …

涎唾(えんだ)
口腔内の唾液を指す。「涎」は清稀な唾液で口腔粘膜を保護し口腔を潤す。「唾」は口の津液で粘っ …

涎末(えんまつ)
薄い痰を指す。

黄汗(おうかん)
汗出によって衣服を濡らすと黄色く色がつく。主な病因は、風・水・湿・熱などによって生じる。臨 …

嘔逆(おうぎゃく)
嘔吐して止まらず、胃気上逆することをいう。

嘔血(おうけつ)
血が嘔吐と共に出ることで、鮮血、紫暗の血塊或いは食物残渣が混ざる。原因は、①胃中に積熱があ …

横痃(おうげん)
各種の性病に伴う鼠径リンパ腺の腫大をいう。また「便毒」ともいう。

黄黒苔(おうこくたい)
黄黒苔とは、舌体の外周に黄糙苔があり、舌体の中心に厚膩の黒褐苔がある状態を指す。淡紅舌と黄 …

横骨(おうこつ)
①「蓋骨」ともいう。恥骨を指す。②舌骨を指す。③穴位名。

黄燥苔(おうそうたい)
黄燥苔は、苔色が黄く乾燥している舌象を指す。紅舌と共に見られる場合、裏に実熱がある病態を反 …

黄苔(おうたい)
黄苔とは、苔色が黄い舌苔を指す。黄苔は裏証、熱証、陽虚水停の病証でみられる。外感病で、舌苔 …

黄帯(おうたい)
黄帯の臨床特徴は、帯下が黄色、量が多い、質は粘、悪臭があれば黄帯で湿熱に属する。 病理特徴 …

黄疸(おうだん)
黄疸は、身体が黄色・目黄・小便黄が主となる症状である。 病因は内因と外因があり、外因の多く …

嘔吐(おうと)
嘔吐は胃の通降機能が失調し、胃が和降を失い気が上逆することで生じる。以下のような区別がある …

懊憹(おうのう)
胸膈部に一種の灼焼焦燥感を自覚する症状である。病因の多くは表証で発汗がうまくできなかったか …

黄胖(おうはん)
黄胖の特徴は、顔色が淡黄色で、虚浮(浮腫)のように見え、その多くは脾虚湿盛に見られる。

往来寒熱(おうらいかんねつ)
寒熱往来を参照。

黄裂苔(おうれつたい)
黄裂苔とは、舌苔色が黄く、舌面の全体が薄黄色の苔で覆われ、裂紋のある舌象を指す。淡白舌と黄 …

悪寒(おかん)
悪寒とは、寒気を自覚し、衣服を重ねても治まらない現象を指す。悪寒は外邪が体表を侵襲し、衛陽 …

悪寒喜暖(おかんきだん)
悪寒喜暖は悪寒して暖かいのを好むという症状を指す。寒証に多く見られる。

瘀血(おけつ)
瘀血とは、体内で血液が一定の箇所に滞る病証を指す。そのうち、①脈管外に溢出した血液(離経之 …

瘀血頭痛(おけつずつう)
久病で気機が滞り瘀血が生じたり、外傷によるもので頭痛証のひとつ。痛む箇所が定まり、刺された …

瘀血流注(おけつりゅうちゅう)
流注証のひとつ。 原因は打撲や産後の瘀血の停滞などの湿毒などによって生じる。主に四肢の内側 …

悪心(おしん)
泛悪を参照。

悪阻(おそ)
妊娠初期にみられる反応の一種で、胸が苦しい、嘔吐、飲食物の匂いを嫌うなどがみられる。多くは …

悪熱(おねつ)
悪熱は発熱し、熱を嫌うことである。悪熱は裏熱を反映する症状の一つである。

悪風(おふう)
悪風とは、風が当ると寒気がする現象を指す。悪風は表証の症状である。太陽中風の場合、発熱悪風 …

悪露(おろ)
悪露とは、出産後に産道から排出される粘液、血などをいう。一般に二週間程度できれいになる。

悪露不下(おろふげ)
分娩後に子宮から排出される濁液が、排出されないか、または排出量が少ない状態をいう。主に気滞 …

悪露不止(おろふし)
悪露不絶を参照。

悪露不絶(おろふぜつ)
産後2~3週間経過しても悪露がきれいにならないものをいう。 平素から体が虚でさらに出産によ …

瘟疫(おんえき)
疫気を参照。

温疫(おんえき)
疫気を参照。

瘟疫証候(おんえきしょうこう)
瘟疫証候とは、疫癘の毒気を感受したために発生した病証を指す。その特徴は、急に発病し、危険な …

瘟黄証候(おんおうしょうこう)
瘟黄証候とは、瘟毒に湿熱が混ざった邪気を感受して、急に全身が黄色くなる病証を指す。急黄とも …

温湿潮熱(おんしつちょうねつ)
温湿潮熱は陽気がに抑制されることで午後に発熱が生じる現象を指す。温湿潮熱の特徴は午後に熱が …

温燥(おんそう)
秋燥の熱に偏したものをいい、秋の燥気を感受して発病する。肺が温燥の邪を感受し、頭痛発熱に始 …

瘟病(おんびょう)
疫癘証候を参照。