さ行の用語一覧

(さい)
顑(かん)ともいう。口部の外側、頬部の前方、頦の上方に位置する。

作強の官(さくきょうのかん)
腎を指し、「作強」は、重労働に耐えられ、動作がきびきびしていて力強いという意味がある。

錯語(さくご)
錯語とは、精神状態は正常であるが、言葉の辻褄が合わない。しかし話した後で自分が言い間違えた …

痧脹(さちょう)
夏から秋にかけて好発し、風寒暑湿の邪や疫気、穢濁の邪などが原因で生じる劇症の急性消化器官病 …

撮空(さっくう)
撮空とは、患者の意識がはっきりせず、両手を伸ばし空を掴むような動作をする症状を指す。もし両 …

撮空理線(さっくうりせん)
患者の意識がはっきりせず、両手を伸ばし空を掴むような動作をする症状のひとつで、両手を上にあ …

左右偏苔(さゆうへんたい)
偏苔を参照。

産褥期(さん じょくき)
産褥期とは、出産後から身体が妊娠前の状態までに回復する期間(産後6-8週)を指す。

三因(さんいん)
病気をひき起こす原因で外因、内因、不内外因を三因という。病気になる条件が発病過程と一緒にな …

産後発熱(さんごはつねつ)
産褥期に発生した継続性の発熱及び突然の発熱悪寒などで他の症状を伴う疾病を指す。 主に発熱が …

産後病(さんごびょう)
産後病とは、出産後と産褥期で発生した病証を指す。産後病は、産後腹痛、産後悪露不絶、産後発熱 …

産後腹痛(さんごふくつう)
産後腹痛とは、産後に小腹の疼痛を主症状とする病証を指す。小腹の痛みが多く、悪寒発熱は伴わな …

三焦実火(さんしょうじつか)
三焦実火は二つの意味がある。①上焦、中焦、下焦の三焦の実熱を指す。上焦は心肺の実熱を、中焦 …

散精(さんせい)
散精とは、脾の水液の運化に属する機能を指し、散精の機能は二つある。1.脾が津液を散布すると …

竄痛(ざんつう)
竄痛とは、痛みの箇所があちらこちらに動きまわることを指す。多くは気滞、風邪などによる疼痛の …

山嵐瘴気(さんらんしょうき)
「瘴毒」ともいう。南方の山林の湿熱が鬱蒸して発生する病邪で、自然の疫病源の類である。通常は …

支飲(しいん)
支飲は痰飲及び水気が胸肺に停滞する病証である。その原因は、寒邪を感受したり冷たいものを飲む …

四海(しかい)
四海は脳は「髄海」、衝脈は「血海」、膻中は「気海」、胃は「水穀の海」を指す。

自汗(じかん)
自汗とは、日中に汗が出るもので、動くと汗出がもっとも激しくなるという現象を指す。臨床では、 …

歯痕舌(しこんぜつ)
歯痕舌は、舌体の縁に歯の痕跡がある舌を指す。また、歯印舌とも呼ぶ。舌体が大きいため、歯の内 …

嗜睡(しすい)
嗜睡とは、神疲困倦(疲れて眠くなる)、非常に強い眠気、いつも気づかないうちに眠ってしまうな …

紫舌(しぜつ)
紫舌とは、紫色の舌色を指す。紫舌は、寒証、熱証により生じた瘀血の状態を表す舌象である。熱証 …

子臓(しぞう)
胞宮(子宮)を指す。

思則気結(しそくきけつ)
思えば気が結ぶ。思則気結とは、思慮が過ぎると精神も疲労し心を傷め脾を損ね、脾気を鬱結させ脾 …

膩苔(じたい)
膩苔の多くは湿濁内蘊であり、それにより陽気が抑えられて現れたものである。膩苔の特徴は、苔質 …

肢体乏力(したいぼうりょく)
肢体乏力を引き起こす病理変化は、水穀精微が四肢の筋肉を養えず、四肢の筋肉が無力の状態を指す …

子痰(したん)
子痰は睾丸に発生した瘡癆性の疾病を指す。特徴は睾丸に緩慢に成長している塊が化膿して痰のよう …

七悪(しちあく)
心悪とは、神志昏迷、心煩舌燥、瘡癰の色が紫黒、言語がはっきりしていない。肝悪とは、体が強直 …

七竅(しちきょう)
眼二つ、耳二つ、鼻孔二つ、口の計七つの顔面の孔を指す。

七情(しちじょう)
七情とは、喜・怒・憂・思・悲・恐・驚など七種類の感情の変化である。七情は客観的な事象に対す …

七情証候(しちじょうしょうこう)
七情とは、喜、怒、憂、思、悲、恐、驚の感情である。 七情証候とは、七情の過剰により生じた病 …

七情内傷(しちじょうないしょう)
七情を参照。

七疝(しちせん)
疝気を七種類に分類した総称。

(じつ)
実は、邪気が亢進し、邪気の旺盛さが病理に反映したものである。

湿(しつ)
六淫のひとつ。湿は長夏の主気である。長夏は、夏と秋の境にあたる時期で陽熱が下がり、水気が蒸 …

湿淫証候(しついんしょうこう)
湿淫証候とは湿邪の侵襲により生じた病証を指す。湿の性質は重く付着し、粘膩性がある。その病は …

刺痛(しつう)
刺痛とは、針で刺されるような痛みを指す。刺痛は瘀血を反映する症状である。

湿温潮熱(しつおんちょうねつ)
湿温潮熱とは、身熱が高く上がらず、最初は皮膚を触っても熱く感じないが、しばらく当てていると …

実寒証(じつかんしょう)
実寒証とは、寒邪が直接体内へ侵入し、臓腑あるいは他の部位の陽気を損傷して、寒邪が体内に滞留 …

湿困脾陽(しつこんひよう)
脾虚湿困と病状はほぼ同じであるが、病機が異なる。湿困脾陽は外感が脾陽の運化に影響するもので …

湿瀉(しつしゃ)
水湿が胃腸に阻まれ脾が虚となり水を制御できなくなって起こる。臨床症状では、体が重い・胸が熱 …

湿邪(しつじゃ)
湿を参照。

実証(じつしょう)
実証とは、邪気が亢進し邪気の旺盛により生じた病証を指す。この病証の病理は主に二つある。1. …

湿疹(しっしん)
湿疹は主に三つの状態がある。 1.初段階は、紅斑として発生することが多く、すぐに腫脹や丘疹 …

失精(しつせい)
遺精を参照

湿瘡(しつそう)
掻痒糜爛で分泌物が多い皮膚病。特徴は多形性の皮膚損傷、対称的な分布、掻痒、繰り返し発生する …

湿濁(しつだく)
湿濁とは、水液は流れず凝集して湿が生じ、停滞して痰か飲となる邪気を指す。湿の性質は重く濁り …

湿濁内生(しつだくないせい)
内湿を参照

湿痰(しつたん)
痰湿を参照

実熱(じつねつ)
熱は実熱と虚熱があり、実熱とは熱が盛んでいる状態を指す。外邪が体内に侵入し熱と化して入裏す …

湿熱欝蒸(しつねつうつじょう)
湿熱鬱蒸とは、外感湿熱や内傷脾胃により湿熱が体内で盛んになり、肝胆脾胃を蘊蒸し黄疸を引き起 …

湿熱蘊脾(しつねつうんひ)
湿熱蘊脾とは、脾失運化により水湿停滞が発生し、水湿が化熱して湿熱鬱蒸という病理状態を指す。 …

湿熱下注(しつねつげちゅう)
湿熱下注とは、湿熱が下焦に注ぐ病理を指す。臨床では、痢疾、湿熱による泄瀉、癃閉、陰痒、帯下 …

実熱証(じつねつしょう)
裏実証は大別するとまず実寒証と実熱証がある。 実熱証とは、陽熱の邪が人体を侵襲し、邪が表か …

湿熱痢(しつねつり)
痢疾の証候型の一つ。胃腸の湿熱が体内にたまり脾胃の働きが阻害され、赤色或は魚の味噌のような …

失眠(しつみん)
正常な睡眠が得られないことを特徴とする一種の病証を指す。不寐の程度は様々で、軽い場合は入睡 …

嗜眠(しみん)
嗜睡とは、神疲困倦(疲れて眠くなる)、非常に強い眠気、いつも気づかないうちに眠ってしまうな …

耳鳴(じめい)
耳鳴とは、潮騒のような音が、小さく或は激しく鳴り響くように感じられるのを指す。実証と虚証に …

邪気(じゃき)
二つの意味がある。①外部から侵入する発病要因で、六淫(風、寒、暑、湿、燥、火)と疫癘を含む …

灼痛(しゃくつう)
灼痛とは、灼熱するような疼痛を指す。灼痛は熱盛、陰虚内熱の場合に見られる症状である。例えば …

積粉舌(しゃくふんぜつ)
粉白苔を参照。

斜視(しゃし)
斜視とは、眼球が横を向き、動きが悪い現象を指す。その病理の多くは肝風内動による驚風や痙厥、 …

邪実正虚(じゃじつせいきょ)
邪実正虚は邪気が亢盛で、正気が已に衰えるという意味である。

邪勝正衰(じゃしょうせいすい)
邪勝正衰とは邪正の消長盛衰の発展過程で疾病が悪化するという病気転帰を指す。その悪化の原因は …

邪正相持(じゃせいそうじ)
邪正相持とは、正気はそれほど弱くないが、邪気もそれほど強くない、双方の力が伯仲している状態 …

邪正相搏(じゃせいそうはく)
正邪相争を参照。

蛇串瘡(じゃせんそう)
帯状疱疹に類似する。纏腰蛇丹(てんようじゃたん)ともいう。 春秋に多発し、突然に発病して、 …

邪入営分(じゃにゅうえいぶん)
温病の概念である。邪気の侵入の深さは、衛分、気分、営分、血分がある。邪入営分とは邪熱が衛分 …

邪入血分(じゃにゅうけつぶん)
温病の概念である。邪気の侵入の深さは、衛分、気分、営分、血分があり、邪入血分とは邪気が「血 …

邪熱伝営(じゃねつでんえい)
邪入営分を参照。

熱邪壅肺(じゃねつようはい)
熱邪壅肺証とは、熱邪が体内の肺金を塞いで現れる証候を指す。 熱邪壅肺証の原因は主に二つある …

邪伏陰分(じゃふくいんぶん)
邪伏陰分とは、温病の後期で傷陰があり、余邪が陰分に深伏した状態を指す。邪気が陰分にあって伏 …

邪未尽除(じゃみじんじょ)
邪未尽除とは、邪気がまだ完全に体から抜けていないという意味である。

酒色(しゅいろ)
酒色とは、酒と女を指す。 好酒色は酒と女を好むという意味である。

溲血(しゅうけつ)
尿血、溺血ともいう。小便の中に血液或いは血の塊が混ざる。排尿時に時に軽い脹痛や熱痛を伴うこ …

周身酸楚(しゅうしんさんそ)
周身酸楚とは、全身は重くすっきりしない状態を指す。

従治(じゅうち)
反治を参照

重墜作脹(じゅうついさくちょう)
重墜作脹とは、重く垂れ下がり、脹るような感覚を伴う様子を指す。 重墜作脹は中気下陥に多く見 …

重痛(じゅうつう)
重痛とは、痛く沈重を伴う症状を指す。重痛は頭部、四肢、腰部、全身に見られる。重痛の病理は主 …

洲都の官(しゅうとのかん)
洲都の官とは、膀胱を指す。 膀胱は全身が利用した濁液を留め、排出する腑である。 洲都は大都 …

粛降(しゅくこう)
「粛降」とは、清粛、清潔、下降という意味がある。肺の粛降作用には以下の三つの生理作用がある …

宿疾(しゅくしつ)
久病を参照

宿痰(しゅくたん)
伏痰を参照。

濡泄(じゅしゃ)
湿瀉を参照。

主水(しゅすい)
腎の気化作用で全身津液の輸布と散布、排泄を管理する作用を指す。この作用には、以下の二つ意味 …

受盛の官(じゅせいのかん)
受盛の官とは、小腸を指す。

手足心汗(しゅそくしんかん)
手足心汗とは手足の裏にかいた汗を指す。手足心汗の多くは脾胃と関係する。その病理について脾は …

腫脹舌(しゅちょうぜつ)
腫脹舌とは、舌体が腫大して口いっぱいに溢れ、ひどければ口を閉じられず、引っ込めることもでき …

(じゅん)
瞤とは、瞼がぴくぴくとひきつったように動くことを指す。その他、肌肉が同様にぴくぴくとひきつ …

楯衣撮空(じゅんいさっくう)
楯衣撮空は衣服を循じ、絲を念じるという意味で、意識混迷の状態にある病人が衣服や寝具を手探り …

楯衣摸床(じゅんいもしょう)
楯衣摸床は衣服を循じ床を摸すという意味で、意識混迷の状態にある病人が衣服や寝具を手探りし或 …

十二経脈の海(じゅんにけいみゃくのうみ)
衝脈を指す。衝脈は全身の気血の要塞であり、「十二経脈」の気血を調節する。月経のリズムに強く …

(しょ)
暑熱を参照。

暑淫証候(しょいんしょうこう)
暑淫証候とは暑邪の侵襲により生じた病証を指す。 暑の性質は炎熱と昇散がある。 その特徴は三 …

子癰(しよう)
子癰とは、睾丸及び副睾丸に発生した急性化膿性感染を指す。 子癰の特徴は急に片側の睾丸が腫大 …

少陰経頭痛(しょういんけいずつう)
少陰経頭痛とは、頭痛が歯に及ぶという症状を指す。

少火(しょうか)
「少火」とは、「陽気」が精神を養い、筋を柔軟にし、臓腑組織を温煦するという正常な状態の「火 …

少気(しょうき)
少気とは、呼吸が微弱で短くて音が低く、弱々しいが短気のように呼吸が続かないのではなく、呼吸 …

上気(じょうき)
上気は、体の抵抗力が低下し虚に乗じて邪が目系に沿って脳に侵入し病変を引き起こし、臨床症状は …

上気不足(じょうきふそく)
上気不足は主に心肺の気が不足すると言う意味である(『霊枢、口問篇』)。臨床では、脳転耳鳴、 …

上竅(じょうきょう)
顔面の孔を指す。

支撑胸脇(しようきょうきょう)
胸脇支満を参照。

少気懶言(しょうきらいげん)
少気懶言とは、呼吸が微弱で独り言をぶつぶつ言う。

将軍の官(しょうぐんのかん)
肝を指す。

上工(じょうこう)
古代における医療技術が最も優秀な医師に対する呼称。病気が未だ発症していない、或いは発病して …

消穀善飢(しょうこくぜんき)
消穀善飢とは、食べてもすぐに空腹になるという現象を指す。多食易飢を参照。

小産(しょうさん)
小産とは、妊娠12-28週間に生じる自然な流産を指す。

情志失調(じょうししっちょう)
情志失調は、過度の七情変化(喜ぶ、怒り、憂、思、悲、恐、驚)で臓腑精気と臓腑機能の乱れを引 …

傷湿(しょうしつ)
傷湿とは、湿邪による病証を指す。傷湿では、外感湿邪と湿邪が胃腸に内阻する病証が含まれている …

傷暑(しょうしょ)
傷暑とは、夏季に暑邪に傷つけられてひき起こされる病を指す。 臨床では、多汗身熱、心煩、口渇 …

上焦は霧の如し(じょうしょうはきりのごどし)
「上焦は霧の如し」とは、主として心肺の輸送、配布作用を指す。水穀の精気を広く全身に送り、皮 …

傷津(しょうしん)
津液損傷ともいう。主に熱病では、熱邪・燥邪及び過剰な発汗・瀉下・嘔吐などで肺胃の津液を損傷 …

小腸気(しょうちょうき)
疝気を参照。

小腸実熱(しょうちょうじつねつ)
小腸実熱とは、小腸の裏熱が熾烈になって起きた証候を指す。 小腸実熱の原因の多くは心熱下移小 …

昇提中気(しょうていちゅうき)
昇提中気は中氣を昇提すという意味である。また、益気昇陥ともいう。 中気の下陥を治療する方法 …

瘴毒(しょうどく)
山嵐瘴気を参照。

衝任不足(しょうにんふそく)
衝脈は血海である。任脉は胞胎を主る。肝腎、気血との関係は深い。衝任受傷の場合、月経不調、小 …

晶陪(しょうばい)
白陪を参照

傷風(しょうふう)
傷風とは、風邪に傷められて引き起こされる病証を指す。また、傷風感冒ともいう。 傷風は風寒と …

小便失禁(しょうべんしっきん)
小便失禁とは、意識がはっきりしているのに、排尿の調節ができず漏らしてしまう病状を指す。尿失 …

小便渋痛(しょうべんじゅうつう)
小便渋痛とは、小便が滑らかに排尿できず、尿意切迫 疼痛 灼熱感を伴う病状を指す。小便渋痛は …

小便清長(しょうべんせいちょう)
小便清長とは、尿の状態が無色透明で、小便の回数が多く、排尿の量が多い現象を指す。小便清長は …

小便短赤(しょうべんたんせき)
小便短赤とは、毎回の排尿量が少なく、尿の色が濃い黄色、甚だしい場合茶色になるという症状を指 …

小便頻数(しょうべんひんさく)
小便頻数とは、小便の回数が異常に多い病状を指す。小便頻数では主に淋証、腎気不固、腎陽虧虚な …

小便不利(しょうべんふり)
小便不利は小便が出にくい様子をいう。

小便淋漓(しょうべんりんり)
小便淋漓は尿がダラダラ出て、中々止まらない状態を指す。

衝脈(しょうみゃく)
衝脈は全身の気血の要塞であり、「十二経脈」の気血を調節する。月経のリズムに強く関与する。

経脈の海(しょうみゃくのうみ)
衝脈を指す。

少陽経頭痛(しょうようけいずつう)
少陽経頭痛とは、側頭部で、両側の太陽穴付近の痛みが最も激いという症状を指す。

小顱(しょうろ)
小顱は小児の頭蓋骨が小さくて円錐状である。腎精不足による発育不良に多くみられる。

暑温(しょおん)
暑温とは、夏に暑邪を感受して発病する熱性病を指す。 臨床では、発病するとすぐに発熱し、倦怠 …

食積痿(しょくせきい)
食積痿とは、食積により脾が傷つけて生じた手足の軟弱を引き起こす病証を指す。

食滞胃脘証(しょくたいいかんしょう)
食滞胃脘証とは、飲食物が胃に停滞し、腐熟できない現れの証候を指す。 食滞胃脘証の原因は主に …

食欲減退(しょくよくげんたい)
食欲減退とは、食べたいと思わない、食事を嫌う(厭食)という病状を指す。また「納呆」及び「納 …

女子胞(じょしほう)
「胞宮」「胞臓」「子臓」ともいい、子宮を指す。しかし女子胞の機能からいえば、内生殖器全体( …

暑瀉(しょしゃ)
熱瀉の一種である。暑瀉とは、暑熱の邪の感受によって引き起こされる泄瀉を指す。症状の特徴は、 …

所勝(しょしょう)
「勝」は剋(か)におなじ。五行の相剋関係においては「我剋」(我が剋つ)は所勝である。

暑熱(しょねつ)
暑熱は夏季の主気である。火熱から変化したもので暑邪による発病は季節性があり、盛夏にしかみら …

所不勝(しょふしょう)
「勝」は剋(か)に同じ。五行の相剋関係において「剋我」(我に剋つ)は「所不勝」である。

諸陽之會(しょようのかい)
頭部を指す。人体の十二経脈中において手の三陽経脈は手から頭部へと走り、足の三陽の経脈は頭か …

肢冷踡臥(しれいけんが)
肢冷踡臥とは、手足が冷たくて、丸くなって眠るという症状を指す。寒証に多く見られる。

(しん)
疹は皮膚に時々疹点が現れ、消退が比較的速い。痒みが強く、掻くと疹点がすぐ隆起する。疹点の境 …

(しん)
広義には表情態度、知覚、運動などの生理的や病理的に外面に現れる人体の生命活動の総称をいう。 …

腎痿(じんい)
腎痿とは、骨痿ともいう証候を指す。 《医宗必读·痿》では、「腎痿は則ち骨痿である。」と論じ …

真陰(しんいん)
腎精は先天の精気と後天の精気を含み、「陰精」と「陽精」に分けられる。腎陰を陰精、腎陽を陽精 …

腎陰(じんいん)
腎精は先天の精気と後天の精気を含み、「陰精」と「陽精」に分けられる。腎陰を陰精、腎陽を陽精 …

腎陰虚(じんいんきょ)
腎陰虚は腎精の消耗、損傷が過度になって生じる病理状態を指す。また腎陰不足、腎水不足ともいう …

津液(しんえき)
「津」について特徴 :透明で質が稀((き)澄んでさらさらしている)、流動性が大きい。分布 …

津液の化生(しんえきのかせい)
津液の化生は津液の生成を意味する。津液は、①脾胃による飲食物の運化、②小腸による水液の吸収 …

津液の作用(しんえきのさよう)
津液には、「滋潤と濡養」、「血液を化生する」二つの働きがある。 1.滋潤と濡養 「津」は滋 …

津液の排泄(しんえきのはいせつ)
津液の排泄過程は津液の輸布と似ており、「肺、脾、腎」などの臓腑の共同作業に依頼しているが、 …

津液の分類(しんえきのぶんるい)
「津液」は、人体の正常な水液を言う。胃液、腸液、鼻水、涙など、臓腑や組織器官にある体液や正 …

津液の輸布(しんえきのゆふ)
津液の輸布は「脾、肺、腎、肝及び三焦」の共同作用によって行われる。脾は「脾気散精」、肺は「 …

津液は気に対する作用(しんえきはきにたいするさよう)
津液が気に対する作用は、主に、「津能載気」である。「津能載気」とは、津液には常に気が附随し …

津液不足(しんえきふそく)
津液不足とは、津液が不足する状態を指す。その原因は、主に脾胃虚損、津液の流失が挙げられる。 …

心火(しんか)
心火とは、心の陽気が偏盛したものを指す。心の陽気偏盛を引き起こす原因の相違から、実火と虚火 …

心火亢盛(しんかこうせい)
心火亢盛証とは、心火が体内で熾烈になった証候を指す。心火亢盛証の原因は主に四つある。1.七 …

針眼(しんがん)
針眼とは、眼瞼の縁が麦粒のように腫れ、赤く腫れるが軽いものを指す。その病理病因は主に風熱の …

真寒仮熱(しんかんかねつ)
陰陽失調のなかでも特殊な病機で、陰陽格拒に属す。真寒仮熱は真寒と仮熱があり、真寒は、病気の …

新感病邪(しんかんびょうじゃ)
温病の概念の一つである。新感は病邪を感受してすぐ発病するという意味で、対照は伏邪である。

真気(しんき)
真気は先天の気と後天の気の結合してできたもので、全身を充たし養うことができる気である。

心気(しんき)
心臓の気のことを指す。広義では一般的に心の機能活動を指す。狭義には心臓の血液を推動し循環す …

心悸(しんき)
心中の動悸・驚惕不安(恐れて不安になったる)・甚だしい場合は自主できなくなる一種の病証であ …

心気喚散(しんきかんさん)
心気喚散とは、心の気機を過度に発散させることになると人の精神を散漫にし、心気を弛緩させる病 …

心気虚(しんききょ)
心気虚証とは心臓の機能不足により引き起こされる病証を指す。その病理状態は心神不安、気行無力 …

腎気虚(じんききょ)
腎精不足を参照

心気虚証(しんききょしょう)
心気虚証とは、心の機能活動が減弱して現れた証候を指す。 心気虚では、心気が不足することによ …

津虧血瘀(しんきけつお)
津虧血瘀とは、津液の大量消耗によって血の運行が緩慢になり、円滑に流れなくなって血瘀を誘発す …

腎気不固(じんきふこ)
腎気不固は、腎気不足により固摂(制御)できなくなる病理状態を指す。また、下元不足もという。 …

真虚仮実(しんきょかじつ)
真虚仮実とは、 病気の本質が虚証なのに実証と思えるような症状が現れる病理変化を指す。

腎虚水泛(じんきょすいはん)
腎虚水泛とは、腎陽が虚して水腫が現れる病証を指す。腎は水液の代謝を主り、腎陽が虚弱であると …

腎虚頭痛(じんきょずつう)
腎虚頭痛の特徴は頭脳が空っぽになったように痛む(空痛)、腰膝痠軟などを伴う。 病理要点は腎 …

心虚胆(膽)怯(しんきょたんきょう)
心中が空虚でびくびくしやすい一種の症候を指す。心血不足や心気の衰弱によってひきおこされる。 …

心虚膽怯(しんきょたんきょう )
心虚にして膽怯す。 心虚膽怯とは、心中が空虚で、びくびくし易いなどの症状を指す。 心虚膽怯 …

心気不収(しんきょふしゅう)
心気収まらず。 心気不収とは、心悸が虚弱で収斂できないことを指す。 心には精神を蔵し、汗液 …

心気不寧(しんきょふねい)
心気寧まらず。 心気不寧とは、心気に不安の現れる病理を指す。臨床上では、①心悸と怔忡、②精 …

心血虧損(しんけつきそん)
心血虧損とは、心血不足により引き起こされる病理状態を指す。この病理状態は三つ分けている。1 …

心血虚(しんけっきょ)
心血虚とは、心血不足のことを指す。臨床では、心悸怔忡、不眠多夢の他に、眩暈(頭がくらくらす …

津血同源(しんけつどうげん)
血と津液は、どちらも飲食物による水穀の精気から化生されることを指す。津液が損なわれれば常に …

心血不足(しんけっふそく)
心血不足とは、心血虚のことを指す。臨床では、心悸怔忡、不眠多夢の他に、眩暈(頭がくらくらす …

心慌(しんこう)
心慌とは、心が落ち着かない、動悸を伴う状態を指す。

津枯血燥(しんこけっそう)
津枯血燥とは、津液枯渇によって引き起こされる血燥虚熱と血燥生風の病理状態を指す津液枯渇は津 …

神昏(しんこん)
意識が混迷してはっきりしない、意識障害をいう。邪熱が心包に内陥するか、湿熱・痰濁が「清竅」 …

真実仮虚(しんじつかきょ)
真実仮虚証とは、病気の本質が実証なのに虚証の症状が現れる病理変化を指す。

心失所養(しんしつしょよう)
心失所養とは、血虚のため心を養えないという病理状態を指す。臨床では、心悸不安、驚きやすいく …

神志不寧(しんしふねい)
「神志寧せず」。精神状態が落ち着かない一種の症状である。病因は心陰虚のため陰の寧静作用が陽 …

身重脘悶(しんじゅうかんもん)
身重脘悶とは、身体が重くて心窩部が不快になることを指す。痰湿困脾、湿邪困脾などに多く見られ …

心主神志(しんしゅしんし)
神の概念については、二つの要点がある① 人体の生命活動の重要な組成部分である。五臓の中の「 …

身瞤動(しんじゅんどう)
筋肉が痙攣してぴくぴく動くこと。その病理は発汗過多によって陽気と陰液と血虚が耗傷したものと …

津傷化燥(しんしょうかそう)
内燥を参照。

心神散乱(しんじんさんらん)
心神散乱とは心に蔵する神明が外へ出てしまい、神の働きが失う状態を指す。その原因は邪盛と正虚 …

心神失養(しんじんしつよう)
心神失養とは、血虚のため心神を滋養できずに精神が衰弱する病理状態を指す。臨床では、集中でき …

心腎相交(しんじんそうこう)
心は上焦にあり火に属す。腎は下焦にあり水に属す。心中の陽は下降して腎に至り、腎陽を温め養い …

真心痛(しんしんつう)
真心痛は、心経の病変による心痛証で胸痺が更に進行したものである。心痛は激烈で甚だしい場合は …

心神内伏(しんじんないふく)
心神内伏とは、心神が内伏し外部と隔てられる病理状態を指す。臨床では、表情淡漠で反応が鈍化す …

心腎不交(しんじんふこう)
心は火、腎は水に属し互いに制約と作用しあって生理機能の平衡を保つ。心腎不交とは、心陽と腎陰 …

心神不守(しんじんふしゅ)
心神不守とは、血虚のため心陽を納められず、陽が陰に入れないので神が心を守られない病理状態を …

心神不足(しんじんふそく)
心神不足とは、心陽の虚損で「心は神志を主る」の機能が減退する病理状態を指す。臨床では、主に …

心腎両虚(しんじんりょうきょ)
心腎両虚とは、心血不足で血が神を養えず、腎精虧損で、脳髄は空虚を招く証候を指す。 心腎両虚 …

真水(しんすい)
腎陰を参照。

腎水(じんすい)
腎陰を参照。

腎水不足(じんすいふそく)
腎陰虚を参照。

腎精虧少(じんせいきしょう)
腎精不足を参照

腎精不足(じんせいふそく)
腎精不足とは、生殖機能の不足と成長の低下の病理状態を指す。生殖機能の不足では、男子が精少不 …

腎燥(じんそう)
腎燥は内燥による症状の他、消痩、脱毛、歯の乾燥、閉経、痿厥(いけつ)などの病証がみられる。

人体の気(じんたいのき)
人体の気は、肺から吸収した「清気」と脾からの「水穀の精気」によって作られる基本的な物質であ …

津脱(しんだつ)
人体の津液は外泄して大汗亡陽及び気隨津脱などになることを指す。

心胆気虚(しんたんききょ)
心胆気虚とは、禀賦不足或いは突然に恐怖を受けて、心虚胆怯、心神失養、心魂不安の病証を指す。 …

身熱(しんねつ)
全身に発熱すること。

真熱仮寒(しんねつかかん)
真熱は、病理の本質が熱であり、この熱が体の中にある。真熱の本質は「邪熱内盛」である。仮寒は …

津能載気(しんのうさいき)
「津能載気」とは、津液には常に気が附随し全身に運ばれることを指す。すなわち、津液がなければ …

神の化生(しんのかせい)
神志は人の精神、意識、思索活動を指す。神志は精血気により養われる。≪類経≫では、精が気を化 …

心主神明(しんはしんめいをつかさどる)
心は神明を主る。心主神明とは、神明の主持は心の重要な機能であることをいう。『素問・霊蘭秘典 …

心煩(しんはん)
胸苦しことを指す。 胸部が煩躁・煩悶して、胸が苦しく感じる状態である。その多くは内熱によっ …

心煩喜嘔(しんはんきおう)
心煩喜嘔とは、心窩部が不快で、度々嘔吐するという症状を指す。この症状は半表半裏に多く見られ …

心脾両虚(しんぴりょうきょ)
心脾両虚証とは、心血が不足し、脾気も虚している証候を指す。心脾両虚証の原因は主に主に三つあ …

津不載気(しんふさいき)
気隨津泄を参照。

腎不納気(じんふのうき)
納気とは固摂や受納を意味する。「腎主納気」(腎は納気を主る)は、吸入した「清気」を深く吸い …

蕁麻疹(じんましん)
隠疹を参照。

心陽旺盛(しんようおうせい)
心火を参照。

腎陽虚(じんようきょ)
腎陽虚とは、腎陽が衰微になり、全身の陽気も虚になるの病理状態を指す。腎陽虚は主に三つの病理 …

心陽虚(しんようきょ)
心陽不振を参照。

心陽不振(しんようふしん)
心陽不振とは心気虚が進むことで発生した病理状態を指す。心陽虚ともいう。主に二つの病態を引き …

腎陽不足(じんようふそく)
腎陽虚を参照

水飲(すいいん)
水飲とは、臓腑の病理変化の過程中における滲出液を指す。水と飲の区別について稀薄で澄んでいる …

水飲停滞中焦(すいいんていたいちゅうしょう)
水飲停滞中焦とは、「水飲」が中焦に停滞するという病理変化を指す。 水飲によって脾胃の気機が …

水液の運化(すいえきのうんか)
水湿の運化をご参照。

髄海(ずいかい)
髄海は脳を指す。「脊髄」は脳に通じ、髄が集まって脳になるので脳を「髄海(ずいかい)」と言う …

水火既済(すいかきさい)
水火既済とは、心火は腎に下降し腎陽を助け腎水を温め、腎水は上昇し心に至り心陰を養い心陽が亢 …

水滑苔(すいかつたい)
滑苔を参照。

水火不済(すいかふさい)
心腎不交を参照。

水逆症(すいぎゃくしょう)
水逆症は口乾して水を飲みたがり、飲んだ後で嘔吐する現象を指す。 水逆症は太陽の蓄水か、ある …

水気凌心(すいきりょうしん)
水気が心を凌ぐ。水気凌心とは、水気が心に影響をを及ぼす病変を指す。病理の特徴は脾腎陽虚によ …

水臌(すいこ)
水臌とは、臌脹の一つである。脾胃受傷、水気内停で生じた腹満、大きくなるのを主症状とする病証 …

寸口(すいこう)
両手の橈骨の内側で、髐骨動脈の脈をとる個所をいう。「気口」或いは「脈口」とも言う。臓腑経絡 …

水穀の海(すいこくのうみ)
胃は六腑の一つ。胃は主に水穀を受納し、腐熟させる(飲食の消化)。胃が飲食物を受納することか …

水穀の悍気(すいこくのかんき)
水穀の悍気は衛気の別名。「悍」とは、浮散の強い力を意味する。気は精微物質で、流動する素質を …

水穀の気(すいこくのき)
水穀の精気、飲食物の精気をいう。また、「穀気」とも称する。

水穀の精(すいこくのせい)
「水穀の精」は、誕生してから飲食物を摂取し、脾胃の運化作用によって化生した水穀の精気を指す …

水湿中阻(すいしつちゅうそ)
水湿中阻とは、水湿が体内に停滞する病理状態を指す。原因は主に脾陽虚である。脾の陽気が不足す …

水湿の運化(すいしつのうんか)
水湿の運化とは脾の運化作用の一つで水液の吸収・輸送・散布により、水液が体内に停滞するのを防 …

水臓(すいぞう)
腎を指す。腎は五行の分類では水に属し、腎の主要機能の一つは「主水」である。この二つの意味で …

水停気阻(すいていきそ)
水停気滞を参照

水停気滞(すいていきたい)
水停気滞とは、津液が停滞し気機が阻害され、気化作用が失調して水液の停留を引き起こす病理状態 …

水痘(すいとう)
水痘の特徴は発熱を伴い、皮膚が硬く紅い丘疹、疱疹、結痂が現れ、また数回に分けて丘疹から疱疹 …

推動作用(すいどうさよう)
推動作用は気の生理効能のひとつで、推動作用は3つの働きががり、これらの機能はすべて「気」に …

髄の集まり(ずいのあつまり)
髄の集まりは脳を指す。「脊髄」は脳に通じ、髄が集まって脳になるので脳を「髄海(ずいかい)」 …

髄之府(ずいのふ)
骨髄之府とは、骨を指す。骨の中には髄があるのでこの名がある。

水不涵木(すいふかんもく)
涵は滋潤の意味である。腎は水に属し、肝は木に属す。腎陰が虚で肝木を養うことができないと肝陰 …

水輪(すいりん)
水輪は瞳仁(瞳孔)を指す。腎が水に属し、骨を管理して髄を生み、骨の精が瞳仁になる。

頭暈(ずうん)
眩暈を参照。

頭項軟(ずこうなん)
五軟を参照。

筋の余(すじのあまり)
筋の余は爪。爪とは手足の爪を指し、爪は筋の延長なので「爪は筋の余り」と言う。肝血の状態は爪 …

筋の府(すじのふ)
筋の府とは、膝を指す。

頭目昏沈(ずもくこんちん)
頭目昏沈とは、頭や目がボーッとする現象を指す。痰湿困脾、湿邪困脾などに多く見られる。

頭揺(ずよう)
頭揺とは、頭が意識によってコントロールできずに揺れ動いてしまう現象を指す。その病理は肝風内 …

(せい)
精(精気)は人体の構成と生命活動を維持する精微物質或いは基本物質である。その中で人体を構成 …

精関(せいかん)
精関とは、精気が漏れ出さない堰止めを指す。 精関は気の固摂作用と関連する。 例えば、精関不 …

精気(せいき)
精気は広義の精と狭義の精がある。広義の精は、① 気・血・津液、② 飲食物から摂取した精微物 …

正気(せいき)
正気は、二つの意味がある。①「人体の機能」で、主に機能臓腑や経絡、気血などの機能を指す。② …

正虚邪実(せいきょじゃじつ)
正虚邪実とは、虚証と実証が同時に存在する病理状態を指す。一般に正気不足の者が邪気を感受して …

正虚邪退(せいきょじゃたい)
正虚邪退とは正気不足し、邪気が已に退いた状態を指す。

正虚邪恋(せいきょじゃれん)
正虚邪恋は、「正気」が非常に弱く、邪気が全部出せず少し残っている(「余邪」という)病理状態 …

精血同源(せいけつどうげん)
肝は「血を蔵す」、腎は「精を蔵す」(肝は血を蓄え腎は精を蓄える)。精と血の本来の関係は、互 …

青紫舌(せいしぜつ)
舌青紫とは、舌色が紫で、舌の中央が青色を帯びる状態を指す。青紫舌は寒滞血瘀 (寒が滞って血 …

正邪混雑(せいじゃこんざつ)
正邪混雑とは、正気が不足し、実邪が留滞する病理状態を指す。

正邪相争(せいじゃそうそう)
正邪相争とは、正気と邪気が互いに争うことを指す。広義では、一切の疾病は皆正邪の争いの反映で …

正邪闘争(せいじゃとうそう)
正邪相争を参照

正勝邪退(せいしょうじゃたい)
正勝邪退とは、邪正の消長盛衰の発展過程で疾病が好転、治癒するものを指し、これは最も一般的な …

正常脈の変脈(せいじょうみゃくのへんみゃく)
1.年齢,性別,体形などにより脈が変わること。2.精神情志の変化による脈象3.四季の変更に …

精神不振(せいしんふしん)
精神不振は両目の神が乏しくて、疲れたような目をしており、眼球の動きが緩慢であるという意味で …

正衰邪恋(せいすいじゃれん)
正虚邪恋を参照。

正盛邪実(せいせいじじゃつ)
正盛邪実とは、邪気が亢盛で、正気は未だ衰えずという病理状態を指す。正盛邪実は実証である。

青舌(せいぜつ)
青舌とは、舌色が淡白で青みを帯びる状態を指す。青舌は寒証、痛証、血瘀証、驚風証によく見られ …

整体概念(せいたいがいねん)
整体概念は人体は有機的な整体(完全体)であることを指し、この概念には二つの意味が含まれる。 …

正治(せいち)
正治とは、疾病の性質・病機に対する正面からの治療方法である。 例えば、寒証に対しては熱薬を …

怔忡(せいちゅう)
怔忡は心中がどきどきして、少し動くと発作が起きる一種の症状を指す。怔忡は心悸に含まれる。怔 …

正不勝邪(せいふしょうじゃ)
正不勝邪とは、正気が邪気に敵対できず正気が尽きてしまった状態である。邪盛正衰、陰陽亡失など …

精不足者、補之以味(せいふそくしゃ、ほのいみ)
「精不足者、補之以味」は「精の不足する者は之を補うに味を以てす」と翻訳される。 精不足とは …

精明の府(せいめいのふ)
『素問・脈要精微論(みゃくようせいびろん)』に「頭なる者は精明の府となる」、『霊枢・海論』 …

石癭(せきえい)
癭病の一種。 肉癭が発展したもので癭塊は比較的硬く、表面は平滑ではない、中には石のように堅 …

積聚(せきしゅ)
積聚とは腹腔内に結塊があり、疼痛や脹を伴う病証を指す。 積と聚は、病状や病機が異なる。 積 …

積滞(せきたい)
積滞とは、宿食不消、宿食は胃腸に停積して発生した食滞を指す。その原因は乳食、生冷、肥甘、堅 …

赤帯(せきたい)
赤帯の臨床特徴は、帯下が赤くて粘稠、赤白が交互に出る、少し臭いがある。 病理特徴は、情志不 …

(せつ)
化膿菌が毛包や汗腺に入って起こる急性の化膿疾病で赤く腫れ、疼痛がある。 特徴は直径は3cm …

舌痿(ぜつい)
舌痿とは、舌体が軟かく無力の状態を指す。その原因は主に脾虚である。脾は肌肉を主り、舌体は肌 …

舌下の絡脈(ぜっかのらくみゃく)
舌下の絡脈とは、舌尖を反り返らせるとぼんやり見える舌底の脈絡を指す。舌下の絡脈の特徴は、舌 …

絶汗(ぜつかん)
絶汗とは、症状が重く危険で、陽気が抜け出ようとするときに、汗が玉のように油のようにぼたぼた …

舌強語蹇(ぜつきょうごけん)
舌が強ばって話ができない様子。

舌形(ぜっけい)
舌形とは、舌体の形状(舌の胖痩、老嫩、厚さ )を指す。舌形は、幾つかの特殊な病態を表す形状 …

摂血(せっけつ)
摂血とは、気が血液を固摂する機能で血が脈中を循行し脈管から溢れ出ないよう保つ作用を指す。摂 …

舌蹇語渋(ぜつけんごじゅう)
舌が強ばって話ができない様子。

泄瀉(せっしゃ)
泄瀉の「泄」とは、大便が希薄で出たり止まったりするものを指し、「瀉」とは、大便が一直線に下 …

舌態(ぜったい)
舌態とは舌体の動態を指す。舌態の内容は、舌体の軟と硬、舌体の筋肉顫動、舌体の異常な運動、縦 …

舌体の痿軟(ぜつたいのいなん)
痿軟舌を参照。

舌体の強硬(ぜったいのきょうこう)
強舌を参照。

舌体の顫動(ぜったいのせんどう)
舌体の顫動とは、舌体が振戦して揺れ動き、自分の意思で止められない状態を指す。また「顫動舌」 …

舌体の短縮(ぜったいのたんしゅく)
舌体の短縮とは、舌体が縮小してしまい長く伸ばせないものを指す。また「短縮舌」と呼ぶ。臨床で …

舌苔の剥落(ぜったいのはくらく)
舌苔の剥落とは、舌苔が全部なくなり、舌面が鏡のようになった状態を指す。この状態を剥落苔、光 …

舌体の歪斜(ぜったいのわいしゃ)
舌体の歪斜とは、舌体が一側に片寄っている状態を指す。歪斜舌と呼ぶ。歪斜舌は三つの病証が関与 …

泄利(鶩溏)(せつり (ぼくとう))
又は「鶩溏、鶩泄}。寒瀉を指す。下す大便に水分が多く色が青黒く鶩の糞のようであるjことを形 …

遷延痢(せんえんり)
久痢を参照。

喘咳気涌(ぜんがいきゆう)
呼吸の気の勢いが強い状態をいう。

戦汗(せんかん)
戦汗とは、先に悪寒戦慄し、しばらくもがいた後にやっと出る汗を指す。戦汗の多くは、傷寒病で邪 …

疝気(せんき)
①一般に体内の内容物が外に突き出る病証を指す。多くは気痛の症状を伴うので「疝気」「小腸気」 …

喘厥(ぜんけつ)
喘厥とは、喘息は酷くなり、四肢が冷たく、意識が不明する状態を指す。

譫語(せんご)
譫語とは心神が擾乱されることにより発生する症状を指す。症状の特徴は異常な精神状態の為、支離 …

喘証(ぜんしょう)
喘証は呼吸困難で、甚だしい場合は張口抬肩・鼻翼煽動(鼻翼を広げて呼吸する)・横になれない等 …

全体観(ぜんたいかん)
人体は矛盾しあう各種の機能が複雑に組み合わさって有機的に統一された総合たいであると同時に周 …

先天の精気(せんてんのせいき)
先天の精気は両親からもらい受けた生殖精気を指す。

先天の火(せんてんのひ)
腎陽を参照。

先天の本(せんてんのもと)
腎には「先天の精」が蓄えられており、臓腑の陰陽の本になる。先天の精は両親からもらい受けた生 …

顫動(せんどう)
ふるえ。肢体顫動:体や四肢がふるえる状態をさす。

蠕動(ぜんどう)
蠕動とは ミミズなどの虫が身をくねらせてうごめきながら進むことをいうが、中医学では、軽く痙 …

宣発(せんぱつ)
「宣発」とは、広く発散し、隅々まで行き渡らせる意味で、肺の「宣発作用」とは、肺気を上と外に …

喘満(ぜんまん)
呼吸が極めて切迫し、気が上逆するだけで下降せず、塞がれていっぱいになることを言う。

譫妄(せんもう)
裏熱が盛んになり過ぎるか、痰火内擾等の原因によって意識がはっきりせず、わけのわからないこと …

(そ)
平たく一面に腫れ広がり、皮膚の色が変わらず、熱もなく痛みも少ない、化膿しない内は消えにくく …

(そ)
疽の特徴は広範囲に腫れ腫物の頭がない、皮膚の色に変化がない、熱もなくて痛みも少ない病態であ …

(そう)
癰疽より小さく、皮膚の浅層に多発する湿熱瘡や疥瘡などの類を指す。

(そう)
手足を動きまわして落ち着かない、或いは着衣を嫌い、或いは水中に坐臥しようとするなどの一種の …

(そう)
六淫のひとつ。燥は乾燥性で津液と肺を損傷しやすい。燥邪の侵入経路は口鼻で、侵害部位は主に「 …

燥淫証候(そういんしょうこう)
燥淫証候とは燥邪の侵襲により生じた病証を指す。 燥の性質は乾燥で、津液を損ないやすい。臨床 …

瘡家(そうか)
瘡瘍によく罹る人を瘡家という。

相火(そうか)
君火に対していう。君火と相火の二火は相互に組み合さって臓腑を温養し、機能活動を維持する。主 …

壮火食気(そうかしょくき)
陽気が過度に亢進し陽熱が過剰に盛んでいると内に火熱が生じ、この状態を壮火という。これは病理 …

相火妄動(そうかもうどう)
相火は肝腎にに寄居している。相火妄動とは、肝腎陰虚で相火を滋養することできずに相火上逆を招 …

憎寒(そうかん)
憎寒とは、外(四肢や肌表などを含む)は震えるほど悪寒(振寒)があり、中は煩熱の症状があると …

宗気(そうき)
宗気の生成は、肺の呼吸によって取り入れた清気と脾胃が運化した水穀の精気の結合によって生成さ …

宗気外泄(そうきがいせつ)
宗気が外に散ずることをいう。酷い喘促を伴い、虚里にビクビクと拍動が見られる。この現象を「宗 …

宗筋(そうきん)
宗筋は大きな筋或いは前陰を指す。

嘈雑(そうざつ)
嘈雑とは、空腹なようで空腹でなく、痛むようで痛まず、噯気して寧らかでない状態を指す。この症 …

燥湿相済(そうしつそうさい)
済とは、救うという意味があり、相とは、相互、互いという意味がある。脾は乾燥を好み湿を嫌う、 …

躁疾脈(そうしつみゃく)
躁疾脈は脈が不安定で脈拍が速い状態を指す。

相乗(そうじょう)
乗とは、虚に乗じて侵襲するということであり、強者が弱者を凌駕(りょうが)することである。相 …

臓象(ぞうしょう)
「臓」は臓腑のことである。象とは臓腑の正常機能と、病理変化が発生した時に外に現れる徴候を指 …

臓象学説(ぞうしょうがくせつ)
臓:体内に収まっている内臓のことで、五臓、六腑、奇恒の腑を含めている。象:外に現れる生理と …

相生(そうせい)
相互支持、促進、助長のことを指す。五行学説では「相生」の関係によって事物に相互協同の面があ …

燥舌(そうぜつ)
燥舌とは、舌面の水分が極めて少ない、乾燥した状態を指す。津液が上部を潤さない病態を反映する …

臓躁(ぞうそう)
臓臓は《金匱要略》で女性に多くみられるとある。 精神的な憂鬱によって心気と営血を耗傷すると …

燥苔(そうたい)
燥苔とは、舌面が乾燥し、触ると津がない状態を指す。燥苔の多くは熱盛傷津、陰液虧耗、陽虚気不 …

糙苔(そうたい)
糙苔の特徴は、燥苔の進行した舌質であり、舌面が乾燥し、顆粒が砂のように粗くなり、触るとザラ …

燥痰(そうたん)
燥痰とは、痰の量が少なくてネバネバしており、吐き出し難い痰をさす。燥痰は秋燥が肺を傷付けて …

壮熱(そうねつ)
壮熱とは、患者の身体が高熱となり、それが続いて退かないという発熱の状態を指す。裏実熱証に属 …

痩薄舌(そうはくぜつ)
痩薄舌とは、舌体が小さくて薄い状態を指す。痩薄舌のすべては気血両虚と陰虚火旺を表す病態を表 …

相侮(そうぶ)
侮とは侮る(あなどる)ことである。相侮とは相克の関係が逆になることであり、これを反剋ともい …

臓腑嬌嫩(ぞうふきょうどん)
臓腑嬌嫩とは、小児の生理特徴で、五臓六腑がとてもか弱く、形気未充で、その見た目も機能も未熟 …

相傳の官(そうふのかん)
相傳の官とは、肺の治節は心の働きを補佐し営衛を運行させ人体の臓腑器官が一定の法則に従って活 …

宗脈(そうみゃく)
宗脈とは、全身の脈の聚る所を指す。宗脈は主に目と耳中に聚る。

瘡瘍(そうよう)
外科の臨床でよく見られる多様性の疾病である。外科疾患は一般に瘡瘍と雑証の二つに大きく分けら …

腠理(そうり)
腠理は二つの意味がある。①皮膚、筋肉、臓腑の細かい隙間を指す。②皮膚と筋肉の交わる隙間を指 …

倉廩の官(そうりんのかん)
脾を指す。

燥裂苔(そうれつたい)
燥裂苔の特徴は、苔質が堅く乾燥して裂紋がある状態を指す。燥裂苔は燥苔が進行して生じた舌象で …

燥を喜び湿を悪む(そうをよろこびしつをにくむ)
「燥を喜び湿を悪む」の「喜び」は好む、「悪む」は嫌うという意味である。 「燥を喜び湿を悪む …

足痿(そくい)
足痿とは、下肢の筋肉が萎縮し柔らかくなり歩行困難などを指す病状である。

損其偏盛(そんきへんせい)
「損其偏盛」は、陰又は陽のどちらかが偏盛した病理状態に用いる治療原則である。「損其有余」と …

損其有余(そんきゆうよ)
「損其偏盛」を参照

飧泄(そんせつ)
本病は肝鬱脾虚、清気の不昇によって生ずる。臨床では、大便は透明希薄なものを泄瀉し、未消化の …