た行の用語一覧

太陰経頭痛(たいいんけいずつう)
太陰経頭痛とは、頭の重痛という症状を指す。臨床では、眩暈、腹瀉して自汗を伴うことが多い。

体陰用陽(たいいんようよう)
「体は陰にして、用は陽」の中国語の表現は「体陰用陽」です。「体陰用陽」の「体」は肝を指し、 …

載眼(たいがん)
載眼とは、白眼を剥いて眼球が動かない現象を指す。その病理の多くは肝風内動による驚風や痙厥、 …

大汗(だいかん)
大汗とは、汗出の量が多いという現象で、津液が多量に排泄される。臨床では虚実の違いがあり、実 …

大汗淋漓(だいかんりんり)
汗がたらたら流れるほど出る現象をいう。臨床では虚実の違いがある。実は実熱証、虚は亡陽証があ …

胎怯(たいきょう)
五軟を参照。

帯下病(たいげびょう)
帯下病とは、陰道から粘液質の物質が流れ出て、色・質及び臭いに異常があり全身の症状を伴う病証 …

対口脳疽(たいこうのうそ)
対口脳疽とは、後頭部及び項の中央に出来る疽を指す。この部位は督脈経に属する。部位が口のちょ …

体質(たいしつ)
体質は臓腑機能の状態、「精・気・血・津液の多さと機能状態を指す。人体の健康状況や自然環境へ …

苔質(たいしつ)
苔質とは、苔の形質を指す。苔質の内容は厚薄、潤燥、腐膩、偏全、剥落、消長、および真仮などを …

胎弱(たいじゃく)
五軟を参照。

㿗疝(たいせん)
七疝の一種。①睾丸が腫大し硬くなり陥没して腫痛や無感覚になり痛痒を感じない。②女性の少腹が …

大腸実証(だいちょうじつしょう)
陽明腑証を参照。

大頭瘟(だいとうおん)
大頭瘟は温毒の一種。大頭風ともいう。 大頭瘟の主な症状は、頭が1斗升のように腫れて顔や目の …

胎動不安(たいどうふあん)
胎動不安とは、妊娠期に腰痠と腹痛或いは下腹部墜脹があり、陰道に少量の出血を伴う場合もあると …

載陽(たいよう)
載陽とは、下焦の虚寒によって陽気が浮上し、下(体の下部)は真寒、上(体の上部)は仮熱の症候 …

太陽経頭痛(たいようけいずつう)
太陽経頭痛とは、後頭部から後頚部の痛みを指す。

戴陽証(たいようしょう)
戴陽証の特徴は久病や重病患者で、蒼白だった顔色が、急に化粧でもしたように両頬潮紅、赤みが移 …

太陽中風証(たいようちゅうふうしょう)
太陽中風証とは、風邪を感受し、風邪傷衛、営衛不和の病証を指す。 臨床では、汗をかく、発熱悪 …

太陽病証(たいようびょうしょう)
外感病の一つである。臨床では、脈浮、頭項強痛、悪寒を呈する。太陽病証は三種類があり、太陽中 …

大顱(だいろ)
大顱は小児の頭蓋骨が膨らみ円形になる。腎虚水停による水頭症に多く見られる。

胎漏(たいろう)
胎漏とは、妊娠期に陰道に少量の出血があり、その出血があったりなかったりして、腰痠と腹痛を伴 …

濁陰(だくいん)
清陽と相対する概念。清陽を参照。

濁気(だくき)
①飲食物の濃濁な部分。飲食物が胃に停滞すると脾に影響を及ぼし濁気が降りなくなると、脾の昇清 …

濁唾(だくだ)
粘り気のある濃い痰を指す

多食易飢(たしょくえきき)
多食易飢とは食欲があり過ぎて食後しばらくすると飢餓を感じ、食べる量は多いのに、逆に身体は痩 …

(だつ)
疾病の過程で陰気・陽気・気分・血分が大量に減少し生命が気急な状態に瀕する病理を指し、これを …

脱液(だつえき)
脱液とは、大汗、嘔吐、下利などで陰液が脱失する病理を指す。また陰虚液脱ともいう。脱液の症状 …

奪気(だっき)
奪気とは、声が小さくて言葉が遅く、かすかで低く、喋ろうとしても喋れない状態を指す。その原因 …

奪血(だっけつ)
血液の喪失をいい、血と汗は水穀精気からできており共に陰液である。血虚であれば津液も不足し、 …

脱証(だつしょう)
疾病の過程で陰気・陽気・気分・血分が大量に減少し生命が気急な状態に瀕する病理を指し、これを …

脱疽(だっそ)
≪霊枢・癰疽偏≫の「脱癰」を指す。手足に多く発病するが、足の発病が比較的多い。 病因は、飲 …

脱癰(だつよう)
脱癰とは、陰嚢に発生した急性壊死性の疾病を指す。特徴は陰嚢の紅腫で急に壊死が発生すると睾丸 …

多眠(たみん)
嗜睡を参照。

(たん)
痰とは、気道に分泌する粘液(病理性の産物)で、濁って粘るもので、吐き出すことができる見える …

痰飲(たんいん)
痰飲とは、体内の水液を輸布運化する働きが失調し、身体の一部に停滞する病証である。「痰」を古 …

痰火(たんか)
痰火とは、無形な火と有形な痰が絡みあい、肺に鬱結する病証を指す。

痰核(たんかく)
皮膚の下が腫れて核のような結塊を指す。多くは湿痰が聚って生じる。一般に化膿したり潰れたりせ …

痰火耳鳴(たんかじめい)
痰火耳鳴とは痰火上擾により引き起こされる耳鳴を指す。 日頃から酒や濃い味を好み、脾胃に痰熱 …

痰火擾心(たんかじょうしん)
痰火が心を擾す。痰火擾心とは、痰火が上昇して心神を掻き乱して起きた病理状態を指す。原因は主 …

但寒不熱(たんかんふねつ)
但寒不熱とは、寒気だけ感じて発熱がないのを指す。裏寒証に多く見られる。但寒不熱は虚寒証、実 …

短気(たんき)
「短気」とは、息切れして短く息までの深さがなく、呼吸が速いものの続かず、喘と似ているが肩を …

胆怯(たんきょう)
胆怯とは、胆虚により生じた心中畏惧、対人恐怖という証候を指す。 《石室秘录》卷三では、胆怯 …

胆怯(たんきょう)
胆怯とは、胆虚により生じた心中畏惧、対人恐怖という証候を指す。 《石室秘录》卷三では、胆怯 …

痰湿(たんしつ)
痰は肺と気道から排出される粘液で、濁って粘るものを指す。痰は脾虚により脾の水液運化の機能が …

痰湿阻肺証(たんしつそはいしょう)
痰湿阻肺証とは、痰湿が肺系に停滞して障害(阻滞)して現れた証候を指す。 痰湿阻肺証の原因は …

痰証(たんしょう)
痰証とは、濃厚な性質の水液が凝結し、臓腑、経絡、組織の間に停留して起きた病証を指す。 痰証 …

淡滲(たんしん)
淡滲利湿を参照。

淡滲利湿(たんしんりしつ)
淡滲利湿とは、主に淡味の薬物を用いて湿邪を下焦から排出させる治療方法を指す。泄瀉や排尿不利 …

痰阻心竅(たんそしんきょう)
痰迷心竅を参照

但頭汗出(たんとうかんしゅつ)
頭汗を参照。

但熱不寒(たんねつふかん)
但熱不寒は、発熱だけ感じて悪寒がない。裏熱証で見られる。熱の特徴は、壮熱、潮熱、微熱がある …

淡白舌(たんぱくぜつ)
淡白舌とは、舌色が、健康人の淡紅色より白く、ひどければ血色がない状態を指す。淡白舌は虚証、 …

痰迷心竅(たんめいしんきょう)
痰迷心竅とは、痰濁が心神を阻遏して意識が障害される病証を指す。臨床では、意識混濁、のどに痰 …

痰蒙心竅(たんもうしんきょう)
痰迷心竅を参照

稚陰稚陽(ちいんちよう)
稚陰稚陽は《温病条弁・解児難》に創設されたものである。小児時期で体の物質基礎と生理機能とで …

蓄血(ちくけつ)
蓄血は瘀血が下焦に停滞する病証である。 蓄血が甚だしい場合臨床では、小腹の刺痛、小便自利、 …

蓄血留瘀(ちくけつりゅうお)
邪入血分を参照

治節(ちせつ)
治節とは、整理と調節という意味。四つの作用がある。呼吸運動のリズムを保ち、呼吸運動を通じて …

治則(ちそく)
治療原則を参照

治病求本(ちびょうきゅうほん)
治病は必ずその本を求めるという意味である。則ち、病気をひき起こした根本原因を捜し、原因を取 …

中気(ちゅうき)
二つの意味がある。①広範囲の意味は、中焦の脾胃の気を指す。脾胃の水穀の腐熟と運化、昇清と降 …

中気下陥(ちゅうきかかん)
中気不足が更に進んで引き上げる力が低下し、中気が降りることになる病理を指す。中気下陥は脾気 …

中気不足(ちゅうきふそく)
中気は、中焦つまり脾胃の気を指す。中気不足とは、すなわち脾気虚損を指す。また、脾気虚ともい …

中暑(ちゅうしょ)
中暑とは、夏の炎天下で長時間労働によって気陰がすでに傷耗され、また暑熱によって蒸しあげられ …

中焦湿熱(ちゅうしょうしつねつ)
脾胃湿熱を参照

中精の府(ちゅうせいのふ)
胆を指す。胆の胆汁の分泌と貯蔵は肝の疏泄により調節され、肝の疏泄機能が正常であれば胆汁も正 …

虫積(ちゅうせき)
虫積は、主に小児で見られる。臨床では、生米や土を偏食するもので、消痩、腹脹や腹痛、臍の周囲 …

抽搐(ちゅうちく)
痙攣やひきつること

中瀆の腑(ちゅうとくのふ)
三焦を指す。

中瀆の府(ちゅうとくのふ)
三焦を指す。

中風後遺症(ちゅうふうこういしょう)
中風後遺症は中風の救急治療を行うことによって意識が回復しても、半身不遂・言語不利・口眼歪斜 …

中陽不振(ちゅうようふしん)
中陽不振とは、脾胃陽気の虚弱で気秘起された腐熟及び運化の機能の低下という病理を指す。 臨床 …

(ちょう)
疔の特徴は、最初は粟粒だったり米粒のようで根が深く骨につくように堅く腫れて、痺れや激痛がり …

重陰必陽(ちょういんひつよう)
重陰とは、陰に属する二つのものが重複することを指す。重陰必陽とは、病気の性質が陰に偏勝する …

癥瘕(ちょうか)
「癥瘕」は積と癥、聚と瘕は、みな同じ類の病で、「積」は有形で固定して移動せず、痛む場所も固 …

潮紅(ちょうこう)
皮膚は潮の干満と同じように定まった時間があり、毎日一定の時刻になると皮膚の色が赤くなる。主 …

張口抬肩(ちょうこうたいけん)
張口抬肩とは、口を大きく開けて肩を上げて呼吸する様子をいう。

癥積(ちょうせき)
癥積とは、体表に腫塊があれば青紫色に見え、腹内にあれば堅いシコリとなって圧しても移動しない …

腸燥(ちょうそう)
腸燥は内燥による症状の他、大便燥結、便秘などの症状が現れる。

潮熱(ちょうねつ)
潮熱とは、発熱に潮の干満と同じように定まった時間があり、毎日一定の時刻になると体温が上昇す …

脹悶(ちょうもん)
脹ってもだえるほど苦しい。

腸癰(ちょうよう)
腸癰とは、右下腹が急激に痛み、はっきりした圧痛或いは反跳痛があり、悪寒発熱、自汗、悪心など …

重陽必陰(ちょうようひついん)
重陽とは、陽に属する二つのものが重複することを指す。重陽必陰とは、病気の性質が陽に偏勝する …

直視(ちょくし)
直視とは、瞳孔が円くなり直視したまま動かず意識不明となる現象を指す。その病理の多くは肝風内 …

治療原則(ちりょうげんそく)
治療原則とは疾病に対する治療の基本原則で「治則」ともいう。 治則は「整体概念」と「弁証論治 …

痛経(つうけい)
痛経とは、「経行腹痛」ともいう。月経前後或いは行経時に下腹及び腰部の痛みを主要症状とする疾 …

通調水道(つうちょうすいどう)
「通」は流通、「調」は調節という意味があり、「水道」は水液の運行や排泄させる為の通路である …

痛痺(つうひ)
痺証のひとつで、「寒痺」ともいう。病因は、風寒湿の三邪のうち、寒邪が偏勝し気血を凝滞させ通 …

手足厥冷(てあしけつれい)
四肢が冷え、冷えが其々肘や膝に達する症状で、「手足厥冷」ともいう。寒熱の区別がある。寒証は …

停着痛(ていちゃくつう)
停着痛とは、痛む箇所が決まっている意味である。停着痛は瘀血を反映する症状である。

滴瀝刺痛(てきれきしつう)
滴瀝刺痛とは、尿が滴るように出て刺痛を伴う症状を指す。淋証の症状の一つである。

癲癇(てんかん)
癇証。羊風癇ともいう。発作的に精神・意識に異常をきたす病証である。臨床の特徴は、発作的に突 …

天癸(てんき)
「天癸」は、腎気が旺盛になり腎中の精気が一定量に達すると作られ、性腺を刺激し、成熟させる働 …

癲狂(てんきょう)
癲と狂は精神錯乱の疾病である。「癲」は抑鬱状態となって表れ、感情冷淡・沈黙痴呆・言語錯乱な …

転筋(てんきん)
下肢腓腹筋の痙攣(こむらがえり)

巓眩(てんげん)
眩暈を参照。

点刺舌(てんしぜつ)
点刺舌の点とは、舌面に表れる赤色、白色、黒色の斑点が盛り上がる状態を指す。『舌鑑弁正』では …

癲証(てんしょう)
精神失常の疾患であり、心志痴呆となり、言葉が乱れ、静かで多喜である。

恬憺虚無(てんたんきょむ)
恬憺虚無とは日常生活において欲望は少なく、妄想せず安らかで静かにを心がけるという意味である …

転胞(てんぽう)
妊婦の小便不通をさす。胎児が膀胱を圧迫し下腹が腫れ微痛が生じ、小便が不通となる病証で、多く …

纒腰火丹(てんようかたん)
纒腰火丹とは、初期には皮膚に灼熱感、刺痛があり、緑豆から大豆ぐらいの大きさの水疱が一団とな …

纒腰蛇丹(てんようじゃたん)
纒腰蛇丹とは、初期には皮膚に灼熱感、刺痛があり、緑豆から大豆ぐらいの大きさの水疱が一団とな …

纏腰蛇丹(てんようじゃたん)
蛇串瘡を参照

盗汗(とうかん)
盗汗とは、睡眠中に汗が出て、目が覚めると汗が止まる現象を指す。潮熱や顴紅などの症状を伴うこ …

頭汗(とうかん)
頭汗とは、頭部あるいは頭と頚に発汗する状態を指す。また但頭汗出とも呼ぶ。頭汗の多くは三つの …

溏結不調(とうけつふちょう)
溏結不調とは、大便が乾燥していたり水っぽかったりが交互に変化する病状を指す。溏とは溏泄の意 …

掉眩(とうげん)
掉眩とは、めまい・ぐらつきの症状を指す。

瞳孔散大(どうこうさんだい)
瞳孔散大とは、瞳孔が大きく開いくことを言う。その病理は主に二つある。1.腎精耗竭に属する瀕 …

洞泄(どうしゃ)
湿瀉を参照。

瞳仁縮小(どうじんしゅくしょう)
瞳仁縮小とは、瞳孔が小さく縮小する現象を指す。その多くは肝胆の火が熾盛、肝腎労損、虚火上擾 …

透疹達邪(とうしんたつじゃ)
透疹達邪ははしか(麻疹)が出る出疹期で、発疹すべきなのに発疹しないとか、はしかが出て気分が …

溏泄(とうせつ)
鶩溏(ぼくとう)を参照。

洞泄(どうせつ)
湿瀉を参照。

透明苔(とうめいたい)
透明苔とは、舌苔が薄く淡白で濡れて光り、苔のない様な舌象を指す。淡白舌で透明苔が同時に現れ …

(どく)
中医学では、毒には主に三つの意味がある。1.西洋医学と類似する内容で、例えば、附子、馬銭子 …

(とく)
瀆は溝、水道を指す。

独語(どくご)
ブツブツと休みなく独り言を喋り、人を見えれば止め、首尾が続かない。よく寒証や虚証で見られる …

督脈(とくみゃく)
全身の陽脈と繋がり、全身の陽脈を統帥する。主に脳、脊髄、腎との関係が密接である。「督脈」の …

吐下之余、定無完気(とげのよ、ていむかんき)
「吐下之余、定無完気」とは、嘔吐による津液の流失で気虚が引き起こされる病理変化を指す。則ち …

吐舌(とぜつ)
吐舌は吐弄舌に属する。吐舌とは、舌を口の外へ出すものを指す。吐では二つの病証が見られる。1 …

吐弄舌(とろうぜつ)
吐弄舌は、吐舌と弄舌の区別がある。吐舌は、舌を口の外へ出すものを指す。弄舌は、舌を少し口か …

頓咳(とんがい)
百日咳とは、ひとしきり咳し、続けざまに咳が出て止まらず、ひどければ悪心嘔吐して咳血し、発作 …

呑酸(どんさん)
呑酸とは、胃酸が激しく上攻し咽喉に留まって吐き出されず、呑み込むと酸味が心を刺し、酸を飲ん …

嫩舌(どんぜつ)
嫩とは舌質の紋理が細かく、空虚に膨れて脆い状態を指す。嫩舌の場合、一般に虚証に属する。舌が …